駅近便利

〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂2-9-3 辻堂プルミエビル 3F

0466-36-7231休診日/木曜・日曜・祝日

診療内容

小児整形外科

小児期特有の病気、怪我の診療

小児期は特有の整形外科疾患、スポーツ外傷・障害、変形等があります。

小児整形外科では、それらの病気や障害を診療いたします

具体的には

先天性股関節脱臼

乳児期に股関節がずれたり、はずれたりなどの脱臼を起こす病気です。発症率は女児に多く見られます。

内反足

かかとや足の裏全体が内側に曲がっている足の変形です。

O脚X脚

足をそろえて立った時、膝が3㎝以上開くのがO脚、膝をつけて立った時、くるぶしが離れるのがX脚です。治療が必要なことは少ないですが、装具療法をしています。

内反足

うまれつき足が内側に曲がっていて、真っ直ぐ前に向けたり、上向きにそらしたりすることができない症状です。

ペルテス病

発育期の子どもに特異的に起こります。片方の足の股関節に軽度の痛みを伴い、股関節が内側にも外側にも動かしにくくなります。

側弯症

成長期に脊柱が左右方向に弯曲した状態です。藤沢市立小中学校では、毎年のの学校検診の際に側弯症検診もしており、当院は精密検査指定医院です

その他の診療もしておりますので、ご相談ください。